年齢別毛穴トラブル

年齢とともに毛穴のトラブルも変化|必要なときに必要な成分を

年齢別毛穴トラブル

年齢とともに皮脂の分泌量や肌の水分量などが変わる
ため、毛穴のトラブルの内容も変わってきます。


10代は、皮脂の分泌量が多く、毛穴が皮脂や汚れなど
がつまる詰まり毛穴になります。
詰まり毛穴はにニキビなどの原因になります。


20代は、10代に続き皮脂の分泌量は多いままです。
毛穴ケアをしていないと 詰まった皮脂により毛穴が
どんどん開きます。
また、詰まった皮脂などが酸化し、 毛穴の周りが炎症を
起こし赤み毛穴や黒ずみ毛穴になります。



30代は、皮脂の分泌量は減少しますが、同時に水分量
も減少し始めます。すると、肌が乾燥し、縮まるので毛穴
が開くようになります。


40代は、乾燥がますます進み、コラーゲンが減りたるみ
が起きてたるみ毛穴になり、毛穴がさらに開きます。


50代は、たるみによりさらに毛穴が伸びで、楕円形の
なみだ毛穴になります。


60代は、たるみ毛穴、なみだ毛穴が酷くなり、1つ2つ
とつながり最終的にはシワになります。


肌の水分量は、生まれたときから徐々に減って
いきます。
皮脂は、新生児期と思春期以降にもっとも多く分泌
され,女性は、20代、男性は30代を境に徐々に
減っていきます。


肌のケアは年代によって変えなくてはいけません。
20代と30代のケア方法は違いますし、30代と40代も
違います。どんなにお気に入りのケア商品でも、肌の状態
が変わってくれば変える必要があります。



必要なときに必要な成分を与えることが大切です。
肌は今、何を必要としているのかを知ることが必要です。


>>35歳を過ぎたらコラーゲンが必要です。


TOPPAGE  TOP 

経済の基礎知識