夏は毛穴に悪いことがたくさん

夏の毛穴のケアどうすれば良い?|毛穴が特に目立つ季節です

夏は毛穴に悪いことがたくさん

気温が上がることで、血液の循環が良くなり、栄養が
全身にいきわたりやすくなります。
すると、皮脂腺や汗腺が活発に働くようになるので、
皮脂や汗の分泌量が亜増加します。


皮脂の分泌量が増加すると、毛穴が押し上げられたり、
毛穴がテカるので目立つようになります。
また、汗の分泌量が増えることで化粧が崩れやすく、
毛穴が目立ちます。


しかし、皮脂や汗でべたつくからといって、1日に何回も洗顔
することは止めましょう。
洗顔のしすぎは肌に刺激を与えたり、水分や必要な皮脂まで
奪ってしまい乾燥肌や敏感肌を招くことがあります。
洗顔は、朝と夜の2回。多くても1日3回にしましょう。


夏場は気温が高いだけでなく、紫外線がとても強い季節でも
あります。
紫外線が肌に当たると、毛穴の酸化をひきおこし黒ずみが
発生したり、肌の弾力やハリを作っているコラーゲンや
エラスチンを壊し、シワやたるみを増やします。


冷房の効いた室内にいる時間が多くなるので、肌が乾燥します。
肌が乾燥すると肌のハリが失われるので、毛穴が目立ちます。
また、肌が乾燥してくると、水分の蒸発を防ごうと皮脂の分泌が
ますます増えます。
肌は乾燥しているのに、油っぽいという状態になります。


夏場の毛穴ケアは、化粧水などで水分をたくさん補い、日焼け止め
や日傘などで紫外線防止をしっかりすることが大切です。


TOPPAGE  TOP 

経済の基礎知識