毛穴の黒ずみの原因は年とともに変わる

毛穴の黒ずみの原因は大きく分けて2つです。
1つは、角質と皮脂の毛穴への詰まりによるものと
もう1つは、毛穴の開きによるものです。


角質と皮脂の毛穴への詰まり
毛穴から分泌された皮脂は、通常皮膚の皮膚の外に流れ出し、水分が逃げないよう
皮膚表面に膜をつくり、保湿パックのような役割を果たしているのです。

しかし、毛穴が古い角質や化粧品、汚れなどの洗い残しにより塞がれてしまう
ことで、皮脂は外に出ることが出来ずにどんどん毛穴に溜まります。
それが角栓となります。

角栓ができても、皮脂はどんどん分泌されるので、時間ともに角栓は大きくなり、
さらに、酸化してすることで黒く変色していきます。

しかし、35歳くらいになると皮脂の分泌量が減ってくるので、
角栓や皮脂による黒ずみは減ってきます。


しかし、もう1つの毛穴の開きによる黒ずみは
35歳くらいから増えてくるので注意が必要です。

肌の水分、肌のハリや弾力を作っているコラーゲンの生成は年とともに減るので、
何もケアをしていないと肌はどんどんたるみます。
肌がたるむと毛穴も一緒に引っぱられ、楕円形状に開き、さらに凹みます。

すると毛穴に、影ができ、まるで毛穴の黒ずみのように見えてしまうのです。

つまり、35歳以降の黒ずみのケアは、
皮脂や角質を落とすのではなく、肌に潤いとハリを取り戻すケアが必要となります。

皮脂や角質を落とそうとして、洗顔力の強いものを使ってしまうと
肌の潤いを保つための皮脂を奪ってしまいことになり、ますます毛穴が目立つよう
になります。


年とともに肌の状態は変わってきます。
現在の肌に必要なケアは何か?自分の肌タイプは何か?などをきちんと見極めて
自分に合ったケアを行うようにしましょう。

TOPPAGE  TOP 

経済の基礎知識