紫外線は毛穴の開き、黒ずみの原因

肌のシミやシワの原因となる紫外線ですが、実は毛穴の黒ずみの原因ともなります。
紫外線が毛穴に当たると、酸化をひきおこし黒ずみが作られます。

さらに、肌の弾力やハリを作っているコラーゲンエラスチン
紫外線を浴びることにより作られる量が減ってしまいます。
コラーゲンやエラスチンが減ると、皮膚を支える力が減るので、
たるみやシワが増えてしまいます。


つまり、紫外線対策をしっかりすることが、毛穴の黒ずみ、毛穴の開きの防止にも
なるのです。

太陽の光の中には、UVA、UVB、UVCという3種類の紫外線が含まれているのですが
UVCは大気を通過することが出来ないので、地表には届きません。

UVAとUVBの対策を行えば良いのですが、特にUVAは紫外線の90%を占め、
さらに毛穴の黒ずみやシワ、たるみの原因となるのでしっかりと対策をすることが
大切です。

ちなみに、UVBは海水浴などで肌が真っ赤に焼けたりする原因となります。
紫外線の10%程度しかないので、日傘をさせば十分に防ぐことが出来ます。


紫外線対策は何といっても、日焼け止めを塗るのが一番効果があります。
日焼け止めには、SPFとPAと言う値が書いてあります。
SPFはUVBを肌から守る強さを表し、PAはUVAから肌を守る強さを表しています。

購入するときは、PA値の高いものを選ぶようにしましょう。


晴れた日の外出以外でも、紫外線を浴びる可能性があるので、十分注意しましょう。
曇りの日でも、木陰にいても、家の中にいてもあなたの肌は紫外線に
狙われています。

さらに、紫外線による影響は夏だけと思われがちですが、一年中紫外線は降り注い
でいます。
紫外線の量は6月にピークを迎え、その前後の4月5月と7月8月は同じ量が
降り注いでます。

つまり、紫外線対策は夏だけではなく、春も秋も(できれば冬も)行う必要が
あるのです。


紫外線対策に一番効果のある日焼け止めですが、寝る前にはきちんと洗い
流しましょう。
毛穴の中に日焼け止めが残っていると、毛穴に詰まり、黒ずみの原因となって
しまいますので。

TOPPAGE  TOP 

経済の基礎知識